研修と同期、そしてお客様の存在が、
私の自信を少しずつ育ててくれる。

根岸 妙
食品部門 担当
根岸 妙
2015年入社。学生時代はバスケットボールに打ち込む毎日。東中野店での勤務を経て、現在は大森中店にて活躍中。
スーパーマーケットに興味をもったのは?

根岸 妙人と接することが好きなので、就職は接客業と決めていました。旅行会社や教育関係、他の小売りも考えたのですが、一人暮らしをはじめてスーパーで買い物をすることが好きになり、自分の手でお買い物をもっと楽しくしたいと考えるようになりました。ライフを志望したのは、選考が進む中で社員の方の話を聞くうちに、チームワークがある会社だなと感じ、そこに大きな魅力を感じたからです。いろいろな部門が立場を超えて、連携してお店づくりをしているという印象は、入社後も強く感じています。

入社を前にして不安はありましたか?

「本当に自分は社会で通用するのだろうか」「仕事で失敗したらどうしよう」など、漠然とした不安を感じていましたが、それは最初の研修で払拭されました。研修では商品に関する知識や、品出し・陳列などを基礎から学べますし、ライフでは「恐れて何もしないよりも、挑戦してどんどん失敗しよう」という考えがあることを知りました。また、積極的で明るい同期のみんなからも勇気をもらっています。とくに合宿研修を通じて同期とは昔からの友人のように仲良くなり、大きな支えになっています。

食品部門への配属は期待どおり?

当初は生鮮部門を希望していたので、発表があったときは正直なところ「食品部門かぁ」と戸惑ってしまいました。食品部門は調味料やレトルト、缶詰、乾物、お菓子などの常温保存できるものから豆腐、練り物などのチルド食品、飲料まで、とにかく商品数が多い部門なので、商品を覚えるのに苦労しそうだなと(笑)。でも実際に働いてみてその印象が180度変化。それは「食品部門は売場に季節感があって面白い」というものです。

売場の季節感とはどういうもの?

根岸 妙季節に合わせて予想以上に商品の入れ替えがあるので、カレンダーを意識して生活するようになりました。例えば、お月見の頃だと月見団子の材料である「上新粉」を探すお客様が増えるなど、品揃えの変化がお客様とのコミュニケーションを生むことにもなります。また「エンド」と呼ばれる特設コーナーを中心に、自分で企画して売場づくりにも積極的に関わっていけるので、今では、食品部門でよかったと思っています。

お客様との印象深いエピソードを

根岸 妙あるお蕎麦の好きなお客様とお話しした時のことです。その店で仕入れを停止した商品を「好きだったんだけど、もうないの?」とお問い合わせいただきました。そこで私はチーフに掛け合って、その方のために発注を復活させたのです。お客様が再度来店された時「ありがとう。本当にこのお蕎麦が好きなのよ」とおっしゃっていただき、私の名前を覚えていつも話しかけてくださるように。お客様のお役に立てたこと、私を認めていただけたこと。小さなことかもしれませんが、私の自信につながりました。

今後の課題・テーマは?

お客様が楽しめる、毎日来たくなるような売場をつくるチーフを目指しています。しかし現状はまだまだ経験不足。とくに時間管理は大きな課題で「やりたいこと」「やるべきこと」が混乱して計画通りにいきません。優先順位を見極め、パートナーさんへの適切な作業の指示出しなど、一歩一歩成長していきたいと思います。

入社

お買物を楽しめる売場をチームでつくる、そんな仕事と職場に魅力。

店舗勤務

食品部門に配属。接客や売場づくりの楽しさに開眼

現在

本当にやりたいことを見つけ、自身をレベルアップ。

将来

お客様の支持も売上も獲得できる、チーフになりたい!