サステナビリティ推進

サステナビリティ推進

食育活動

栄養士や食育インストラクターが食育授業や食育イベントを実施しています。
普段の食生活に不足しがちな野菜や果物などの栄養バランスについて、クイズを交え楽しみながら学んでいただいています。
また、世界的に課題となっている食品ロスに対して啓発活動に取り組んでいます。

食育体験ツアー

店舗近隣の小学校や幼稚園・保育園を対象とした「食育体験ツアー」を実施しています。
ファイブ・ア・デイ協会のプログラムを基に、食事バランスや栄養の知識を学習し、実際の売り場で野菜を選ぶ「お買い物ゲーム」を実施する2時間程度のツアーとなっています。

画像

画像

<食育体験ツアー タイムスケジュール例>

  • 9:30~10:00

  • 食べ物のお話(三色食品群・ファイブ・ア・デイ(5 A DAY)とは・・・)
  • 10:00~10:20

  • 店舗へ移動
  • 10:20~10:50

  • お買い物ゲーム/店舗見学
    2班に分かれて、お買い物ゲームと店舗バックヤード見学を同時に実施します。
  • 10:50~11:10

  • 学校へ移動
  • 11:00~11:30

  • 振り返りと質問タイム
    今日勉強したことのおさらいと食べ物に関する質問やスーパーマーケットに関する質問にお答えします。

※食育体験ツアーは参加人数や学校から店舗まで距離などにより、実施時間が変わります。
ご希望に沿うように柔軟にスケジュールを調整させていただいております。​

ライフ店舗近隣の学校からのお申し込みを随時お受けしております。

<お申込み方法>
①下記「お申込み用紙ダウンロード」より、お申込み用紙をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、お問い合わせ先FAX番号までご送付をお願いいたします。
(近畿圏と首都圏で連絡先が異なっておりますのでご注意ください。)

②食育担当者よりFAXが届いた旨をご連絡いたしますので、その後お申込み内容の確認およびスケジュール等調整をいたします。

画像

親子食育

親子向けの食育イベントとして、店舗のイートインスペースや休憩室等を利用して実施しています。
普段は入れないバックヤード見学もあわせて行い、スーパーの仕事の様子もご覧いただけますので夏休みなどの自由研究にもご利用いただけます。

親子食育は実施店舗にて告知しておりますので、お見かけの際にはぜひご参加ください。

画像

画像

画像

出前食育

2018年11月から出前食育として、児童館や福祉施設などに出張し、地域の子供たちに向けて楽しみながら食べ物の栄養などについて学ぶイベントも始めました。

画像

画像

食品ロス削減啓発活動「もったいない鬼ごっこ」

世界的に課題となっている食品ロスに対し、小学生向けの啓発活動として「もったいない鬼ごっこ」を実施しています。まだ食べられるにもかかわらず捨てられてしまう食品(=食品ロス)が生産・流通から消費の過程において、どのようにして発生しているのかを鬼ごっこをしながら学び、食品ロスを出さないために出来ることを考えます。

※「もったいない鬼ごっこ」はフードロス・チャレンジ・プロジェクトが開発したプログラムです。
 詳細については、こちらをご確認ください。

画像

画像

画像

食育活動2018年度実績

  • 実施回数
  • 173回(食育体験ツアー144回、親子食育28回、出前食育1回)
  • 受入れ人数
  • 7435人(食育体験ツアー7241人、親子食育181人、出前食育13名)
  • 参加団体数
  • 小学校:97校 幼稚園・保育園:9園 他団体:1団体