会社案内

 会社案内

品質保証体制

お客様に「安全・安心」な商品をご提供するために、全従業員が高い意識を持って、品質管理の強化に取り組んでいます。

画像

品質保証体制図

画像

FSSC22000・ISO22000による食品安全マネジメント

プロセスセンターでは、24時間体制で商品を製造し全店舗へ供給しています。原材料入荷から製品まで徹底した品質管理や従業員の衛生管理を行い、新鮮で安全な商品の生産に取り組んでいます。
そのため、栗橋、加須、南港のプロセスセンターでは食品安全マネジメントシステムの国際規格である「ISO22000」を、船橋、天保山のプロセスセンターでは「FSSC22000」を取得し、品質管理の徹底を図っています。

画像

検査体制

首都圏・近畿圏の商品検査センターでは、微生物検査や理化学検査などを実施し日々商品の安全を確認しています。また、首都圏の商品検査センターには放射線検査機器を導入しており「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」で自社基準を定め、検査を行っています。

画像

仕入れ・調達

専門知識を有したバイヤーが、仕様・原材料の品質・添加物の表示内容・微生物検査結果などが自社基準に適合した安全な食材、製品であることを確認して仕入れを行っています。
また、プライベートブランド商品は、品質保証部が取引開始前に提出された分析結果や原材料・食品添加物の内容、原料原産地証明書などを確認しています。さらに、製造工程などが当社の品質基準に適合しているかを確認するために工場の調査を行い、商品の安全性が確保でき、製造を委託するにふさわしい企業・工場であるかを判断しています。

画像

食品安全の取り組み

店舗では独自の衛生管理マニュアルに基づき、徹底した衛生管理と鮮度や日付のチェックを行い高品質な商品提供に取り組んでいます。また、自社基準に適合した商品を製造するために、自主点検の他に計量士による計量器調査、外部機関による店舗衛生管理点検を行い、アレルギーなどの表示間違いや異物混入の未然防止、食材の衛生管理を強化し、食中毒の防止に努めています。また、品質保証部のみならず、バイヤー・プロセスセンター等関係者に食品表示診断士の資格取得を推進しています。