ライフTOP > 企業情報 > 経営戦略
会社案内

経営戦略

第六次中期計画(2018年度~2021年度)

世の中はかつて無いほどのスピードで変化し続けており、従来の延長線上の取り組みでは競争を勝ち抜くことはできません。「第六次中期計画」では、目指すべき姿を『ライフらしさ宣言』として明文化したうえで、以下のアクションプランについて取り組んでまいります。

『ライフらしさ宣言』

『ライフらしさ宣言』

お店が主役!

店舗従業員が働きがいを持ち活き活きと自ら考え実現するため、全ての施策は「お店が主役」を前提に、全店舗がそれぞれ地域のお客様ニーズに合った「ライフらしさ」実現を目指します。

1.お店が主役!
2.人への投資

人への投資

時間と心の余裕があり、多様な人財が活躍しており、従業員がやりがいを持って働くことができる会社を目指します。

店への投資

「接客」、「内装・演出」、「改装」、「新店」の各施策を一から見直し、来店される全てのお客様が、「ライフらしさ」、「おいしさ」、「温かい」、「心地良い」、「ほっとする」、「ちょっと楽しい」を感じていただけるお店を目指します。

3.店への投資
4.商品への投資

商品への投資

お客様視点を重視するとともに、「おいしい」を構成する「素材」、「作り方」、「出来立て」にこだわった商品づくりを目指します。

ライフの強み

特に「ネットスーパー戦略」と「カード戦略」に特化して、競合他社との大きな差別化を図るとともに、これらを「当社の強み」まで成長させます。

5.ライフの強み
6.ライフらしさを⽀える戦略

ライフらしさを⽀える戦略

販売促進策等の「営業支援」、物流・プロセスセンター、情報システム等の「インフラ戦略」、及び購入コスト最適化戦略、財務戦略等の「経費削減・資金調達」の各戦略を強化します。

浸透・発展と継続活動

役員から社員・パートナー・アルバイトまで、全従業員一人一人が「ライフらしさ」を理解し、考え、日々の業務で実践することにより、お客様にもその「ライフらしさ」が伝わるとともに、その活動がチームワークよく次世代人財が育つ組織となることを目指します。

7.浸透・発展と継続活動

第六次中期計画の4年間では、新たに50店舗を出店させるとともに、既存店の改装には200億円投じライフらしい店舗の拡大を図ります。ハード面においても、ソフト面においてもライフらしさを具現化するための様々な施策を実行することで、2021年度には売上高8,000億円、経常利益200億円の業容を有する、名実ともに日本一のスーパーマーケットを実現いたします。

※記載されている経営施策や数値計画は、当社が現時点で入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績は今後の様々な要因により、異なる可能性がございます。